中国の大気汚染、N95マスクじゃ深刻すぎるし・・・(^^;

目安時間:約 3分

中国の大気汚染(PM2.5)が問題になっていますね。
taikiosen
↑は、今日2/14時点のリアルタイム大気汚染マップ。
taiki
確かに、東京より九州のほうが数値が悪いですね。

(画像はアジアの大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップより引用させて頂きました。)

福岡にお住まいの方のツイッターでは、
普段この時期クッキリ見える山が
白く霞んでいる様子がツイートされてました。

西から東に向かって吹く偏西風は
冬場は南に下がって強く吹くため
3月中旬頃までは特に、
中国からの汚染物質が日本に流れ着きやすいんだそうです。

中国からの大気汚染の対策方法

中国からの大気汚染の対策方法としては、

・できるだけ外出は控える
・洗濯物は室内干しする
・空気清浄機を利用する

やむを得ず外出する際は
「マスクを着用すること」だそうですが、
PM2.5は花粉の6分の1の小ささのため
普通のマスクでは意味がないんだとか。

N95規格のマスクなら防げるそうですが・・・
n95
いやいや、ちょっとこれだと
尋常じゃない雰囲気が日常生活を妨げそうな・・・(^^;

ウイルス対策用のマスクなら多少は防げるですので、
うちは「とりあえず・・・」ということで
超立体マスクのウイルスガード版を用意しました。

>>【訳あり】超立体マスク ウイルスガード ふつう(5枚入)●セール中●

そういえばベトナム人の友人家族が言ってましたが、
ベトナムだと中国からの河川汚染が深刻なんだそうです。

野菜が農薬でかなり汚染されてしまうんだとか。

福島第一原発が事故を起こしたとき、
「それでも日本のほうがマシですよ」
と言ってました・・・


タグ:

カテゴリ:ママが気になる海外情勢 

ベトナム人に日本語を教える先生になりました

目安時間:約 3分

今日は個人的な話なんですが・・・

 

ベトナム人に日本語を教える先生になりました。

 

スカイプで現地の生徒さんたちと
日本語で授業をしています。

 

「なんでベトナム?」

 

近所にベトナム出身の友人家族が住んでいて
家族ぐるみで仲良くしているのですが、

最近旦那さんがベトナムのご実家に
日本語学校をオープンしたんです。

 

日本で働きながら、
ベトナムで学校運営を手がけるとは
アクティブですよね!

 

学校に日本語ネイティブの先生がいないそうで
「もし時間があれば日本語の先生をやってもらえませんか?」
と、旦那さんからオファーがありまして。

 

二つ返事でOKしました。

 

週2,3日90分の日本語クラスで
けっこう楽しく先生させてもらってます^^

 

人生、何がどう転ぶかわからないですよね。

思い返してみれば、
そもそもベトナム人の彼女と知り合ったキッカケは
「通りすがりに声を掛けた」こと。

 

娘と散歩してたら、
道端でちょっと不思議な行動をとっている彼女がいて、
「どうかしましたか?」って声を掛けたんです。

 

それで仲良くなったんですよね。

 

私の住んでいるところは、
中国人?台湾人?ブラジル人?など
外国人もちょこちょこ見かけるんですが、

 

なかなか交流する機会ってないです。

 

もし海外移住するとなると、
これが逆の立場になるわけですよね。

 

「何年も住んでるけど現地語が喋れない・・・」
なんて話をよく聞きますけど、

日本人同士で固まっていると現地に慣れないのでしょうね。

 

ベトナム人の友人は、
すごく気さくでおしゃべり大好きで日本語も流暢です。

 

ベトナムの日本語学校で
3ヶ月間日本語を学んだ生徒さんたちは、

日本の語学学校へ留学生として来日する予定です。

 

日本で彼らに会えるのが楽しみです^^


資格・手に職が無いなら…
海外移住,ママ,資格
「語学力に自信がない」
「夫1人の収入では不安」
「でも私には資格・経験がない…」

>>今は何もないあなたでも1年で望む暮らしを叶える方法

自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィールはこちら

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんてムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

>>感想はこちら

当ブログ限定プレゼントも要チェック

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ