英語が苦手でも海外永住権を手に入れる方法

目安時間:約 5分

LINEで送る
Pocket

3月11日。

あれから1年が過ぎたんですね。

昨日は家族で黙祷し、1年前のことを思い出していました。


あのとき、2人の娘は、お昼寝をしていました。

ゆらゆらと、
床が揺れ始めました。

あわてて2人に覆いかぶさるのですが、
どうしたらいいのかわかりません。

しばらくすると、揺れはおさまりましたが、
今までに感じたことのない、
大きな舟に揺られているような奇妙な地震でした。

隣の部屋に住むおばあちゃんが、

「だいじょうぶか?」
と声をかけてくれました。

「宮城で震度7だって!
あんた、紐で子ども背負いな。」

なんてこと・・・

次女をおんぶし、
長女の手をつないで、テレビをつけました。

「電源はどれ?リモコンはどこ?」

普段、テレビをみないわたしは、
テレビのつけ方がわかりません。

悪戦苦闘して、なんとか画面から音が出るようになりました。

海が、町をおそいました。

テレビの前から、
動くことさえ、できませんでした。

次の日、
福島第一原発の1号機が爆発。

14日に、3号機が爆発。

翌15日には、2号機、4号機・・・

「シーベルト?」
「レントゲン1回分?」
「毎時ってどういうこと?」

テレビの言ってることはよくわかりません。

「安全です。」

わからないのに、
テレビの前から動けなくなってしまいます。

長女は、
「もうテレビ見ないで!」
と、嫌がりました。

テレビを見るのはやめました。

わが家は普段、ラジオを聴いています。

15日の夜だったと思います。

ラジオに出演していた専門家が、

「もう日本はダメですっ!逃げるしかありませんっ!!」

と、叫びました。

ツイッターが、炎上しました。

「煽るな!!」
「でたらめなこと言うんじゃない。」
「2度とJ-WAVEは聞かない!」

夫とわたしは、
そのとき初めて
「ただごとじゃないんだ・・・」と気づいたんです。

政府やマスコミの言っていることが、おかしい。

「直ちに人体に影響を及ぼす数値ではない」

「直ち」にって、どういうこと?

チェルノブイリの事故になぜ触れない?

あのとき、何が起こったの?

子どもたちは、どうなった?

「うちの子は、どうなるの?」

知るほどに、
ふさぎ込む自分がいました。

時に、
日が暮れるまで
パソコンの前に張り付いていました。

食事さえ用意できない日がありました。

毎日、泣きました。

娘たちも、
不安定になりました。

あるとき、
母の前で泣き崩れてしまいました。

「マスコミの言ってることなんて嘘ばかりだよっ!!」

すると、母はこう言いました。

「そうだね。
あんたの言う通りかもしれない。

この子たちは、
20才まで生きられないのかもしれない。

でもね、

津波で家族を流された人がいる。

原発で作業してくれる人がいる。

その、家族がいる。

その人たちのことを考えてごらん。

あんたには、
こんなにかわいい娘たちと、
やさしい旦那さんがいるじゃない。

20年先はわからない。

だったら、「今」を大事にしなきゃ。

あんたはお母さんなんだよ。

もっと、しっかりしなさい。」

目が覚めた。

わたし、何やってたんだろう。

すごく恥ずかしかった。

過去は変えられない。
未来もわからない。

「今」しかないんだ。

今、自分にできることを精一杯やろう。

子どもと、たくさん遊ぼう。

毎日笑って過ごそう。


このときから、
わたしは、前を向こうと決めました。

あなたが「今」できることは何ですか?

「子どもに、安全な食べものを与えたい。」


「以前のように、自然の中で遊ばせてあげたい。」


「原発のないところに、住みたい。」

子どもを放射能から守るために
日本を脱出したい。

でも、英語は得意じゃないし・・・

そんなあなたは、これを読んでみてください。

LINEで送る
Pocket


タグ: 

カテゴリ:子連れ海外移住の方法 

この記事に関連する記事一覧

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんてムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

>>感想はこちら

当ブログ限定プレゼントも要チェック

自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィールはこちら

資格・手に職が無いなら…
海外移住,ママ,資格
「語学力に自信がない」
「夫1人の収入では不安」
「でも私には資格・経験がない…」

>>今は何もないあなたでも1年で望む暮らしを叶える方法

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ