「子連れで海外移住するには、どの国がオススメ?」①調べてみよう!

目安時間:約 5分

子連れ海外移住
LINEで送る
Pocket

前回の記事でご紹介した
「海外移住情報」のサイトで、
海外移住の基礎知識はわかったでしょうか?

 

「子連れじゃムリってことがわかりました・・・。」

 

ですよねぇ(^^;

 

例えば、
「海外移住情報」サイトの「海外情報基礎知識」では、

 

○観光査証で入出国を繰り返す
○国際結婚する
○現地企業に就職する

 

など、さまざまな選択肢が挙げられてます。

 

でも、

子連れで年に何回も行き来するわけにいかないし、
残念なことに、もう、わたしには夫がいる(笑)

 

日本語しか話せないのに、現地企業に就職できるわけもないし…。

 

海外移住を目指すのって、

学生や社会人のように独身で身軽な人や
または会社を引退したシルバー世代でないと、

 

「現実的には難しいんだな・・・」って撃沈しました。たむママも。

 

 

でもね?

 

 

もう少し詳しくサイトを眺めると

「あれ?ここなら子連れでも海外移住できるんじゃないの?」
という国々を見つけることができます。

 

それが「永住権公募制度一覧」のページです。

 

このページでは、

永住権が取れる6つの国について
詳細に知ることができます。

 

 

なんで「永住権」が取れる国がいいの?

永住権を取るということは、

 

「あなたはずーっと我が国に住んでいていいですよ。」
と、外国の政府からお墨付きをもらうことです。

 

 

子連れで海外移住したいママなら、

「この国に安住できるのかな?」という点が気になりますよね。

 

「永住権」を取得できれば
ずっとその国に住めるので、

観光ビザのように行ったり来たりしなくて良くなるんです。

 

また「永住権」を持っていると様々なメリットがあります。

 

国によって異なりますが

 

例えば、その国に住む人と同等に教育費がかからなかったり、

年金がもらえたり、就職や起業が自由にできたりします。

 

 

で「永住権」って何?国籍とは違うの?

海外情報の基礎知識のページにも
ちらっと書いてあります。

 

永住権は永続して住める権利のことで、市民権は国籍を意味します

 

「永住権」=「許可(ビザ)」
「市民権」=「国籍」
です。

 

日本の国籍は2重国籍を認めていない
という話を聞いたことありますか?

 

もし、あなたが

フランスの国籍を取得したら、
日本国籍は放棄しなければいけないんです。

 

あなたはフランス人になって、日本人ではなくなるんです。

 

このように、市民権を取得するという事は
日本人であることを放棄するような感覚になりますが、

 

「永住権」は違います。

 

「永住権」を取得しても「国籍」はそのままです。

 

 

「永住権」ってどうやったら取れるの?

 

先ほど紹介した「永住権公募制度一覧」のページに詳しく書いてあります。

 

すごく細かく書いてあるので、
なんだか読むだけで挫折しそうになりましたが(笑)

 

次の記事では、
子連れで海外移住するには
どの国が良さそうか比較してみました。

 

【次の記事】
「子連れで海外移住するには、どの国がオススメ?」②比較してみよう!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク


この記事に関連する記事一覧

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんて
ムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

当ブログ限定プレゼントも
要チェック☆

>>感想はこちら
自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から、
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィール

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ