「子連れで海外移住するには、どの国がオススメ?」②比較してみよう!

目安時間:約 5分

LINEで送る
Pocket

前回の記事で「永住権」についてお話ししました。

 

子連れで海外移住するなら「永住権」の取れる国が良いなぁ。

 

そこで今日は、
子連れで「永住権」が取れる国ではどこがオススメか、
お話ししたいと思います。

 

前回に引き続き、
「海外移住情報」サイトの
永住権公募制度一覧」のページを見てみましょう。

 

 

「永住権公募制度一覧」には、次の6か国が紹介されています。

 

  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • イギリス
  • アルゼンチン

 

住んでみたい国はありますか?

 

訪れたことのある国だと
イメージが湧きやすいですよね^^

 

わたしは真っ先に、オーストラリアに注目しました。

 

だって、ケアンズの海とてもきれいだったんだもん~(´∀`*)

 

・・・じゃなくて、
今日は「永住権」の話です(笑)

 

 

子連れ海外移住の場合は、どの点に注目すべきか?

「永住権公募制度一覧」には
いろいろ細かな説明が書かれていますが、

 

あなたがまず見るべきポイントはこれです。

 

 

夫婦の「職業」をチェックしてください。

 

 

あなたの家族は、

・大金持ちですか?
・投資家ですか?
・特殊な能力や専門性のある職業ですか?

 

NO」ですよね。

 

サラリーマンまたは自営業など、
たいていは、ごく普通のお仕事をされていると思います。

 

 

「もしかして、うちみたいな庶民じゃ難しいの?」

 

そうですね。

 

 

通常、永住権を発行してでも外国人に来てほしい理由は

 

    • お金を落としてくれるか?

→1年以内に海外移住を叶えたいあなたはコレ!

 

  • 優秀な人材を確保できるか?

→手に職や資格がある人ならこの本をチェック!

 

 

この2つです。

 

 

身もふたもない言い方をすると、

 

「普通の人だったら、うちの国にたくさんいるからいらないよ。」

 

これが、各国の本音です。

 

 

わたしたち夫婦も

「あちゃー。やっぱ無謀か~(>_<)」

と落ち込みましたよ。

 

 

でも・・・庶民でも永住権が取れるかもしれない国があったんです!

 

 

庶民でも永住権がとれそうな国とは?

 

それでは引き続き、先ほどから読んでいる
「永住権公募制度一覧」を見ていきましょう。

 

・アメリカ抽選に当たりでもしない限り・・・ムリ!

 

・カナダ倍率4倍?ムリ!

 

・オーストラリア若くて教養、技能、英語力があり・・・ムリ!

 

・ニュージーランドポイント制永住権制度のある国でもっとも取得しやすいといわれる・・・要検証!

 

・イギリスフルワークパーミットの労働許可証を保持し・・・ムリ!

 

・アルゼンチン日本人同士の子供であってもアルゼンチン国内で出産すれば
その子供は手続きすればアルゼンチン国籍が取得できます。この場合、その親は
アルゼンチン人の親として永住査証を得ることが可能です。マジで?!もう1人産むっ?!

 

 

非常に安直ですが、2か国に絞れました(笑)

 

子連れで海外移住するのに狙い目の国は
ニュージーランドアルゼンチンです。

 

 

【次の記事】
「子連れで海外移住するには、どの国がオススメ?」③南半球へ移住せよ!

LINEで送る
Pocket


この記事に関連する記事一覧

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんてムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

>>感想はこちら

当ブログ限定プレゼントも要チェック

自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィールはこちら

資格・手に職が無いなら…
海外移住,ママ,資格
「語学力に自信がない」
「夫1人の収入では不安」
「でも私には資格・経験がない…」

>>今は何もないあなたでも1年で望む暮らしを叶える方法

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ