【ベッキーが語る】絶対に失敗する海外移住とは?

目安時間:約 5分

LINEで送る
Pocket

『憧れの海外移住・・・!』

今日は、そんな海外移住を
絶対に「失敗」させる方法について
ベッキーがヒントをくれました。

 

雑誌withでベッキーがコラムを連載していて、
9月号は『逃げる』がテーマでした。
ベッキーの妹は、アメリカのL.A.に住んでるそうです。
 

先日、妹の誕生日会があったそうで、
ベッキーはご両親を招待し、
パーティには20人くらいの友達が集まって
すっごく盛り上がったんだそうです。
 

ベッキーはパーティの様子を動画で見せてもらったんだとか。
 

マンション最上階のパーティルームを貸し切って、
飲んで食べて踊って、みんなでハグして・・・
 

洋画や海外ドラマで観るような素敵な世界だったそうです。
 

で、それを観てたベッキーは、
急に海外に住みたくなっちゃったんですね。
 

以下、ベッキーの言葉を引用します。


今までは一生日本で暮らしたいって思っていたのに、
海外に住むのもアリだなって初めて思って、
結構本格的に考えたんですよ。
 

何歳位に芸能界を引退して、移住して・・・
そうしたら日本での仕事の大変さとか、
いろんなわずらわしいことも忘れられるんだろうなぁ・・・なんて。
 

で、ここでハッと我に返りました。
この考え方は危険!!って。
 

「いいないいな」と憧れる気持ちだけで、
何かの世界に飛び込むのはすごく危険だし、
相手にも失礼だなって。
 

妹は渡米して5年。
 

今でこそ、あんなふうに楽しそうにしているけど、
L.A.での生活になじむまでにはたくさん大変なことがあったはず。
 

その辛い部分をすっ飛ばして
「いいな」だけで動こうとしちゃいけないんですよね。

 

そう、ちょっとだけ私、“逃げたいモード”だったんです(苦笑)。
 

私は何かを始めるときや挑戦するとき、
その世界にどれだけ大変なことがあるのかを十分下調べして、
心の準備をしておくことが大事
って思ってるんです。
 

憧れだけで飛び込むと、
壁にぶつかったときのダメージが大きすぎて
くじけちゃうかもしれないから。
 

だから今回のことで、改めて気持ちが引き締まりました。
 

三輪明宏さんもよくおっしゃってるんですが、
物事を見るときや考えるときはその表面だけではなく、
ちゃんと裏側にも考えを巡らせなさい、って。
 

本当にその通りだなって思います。
 

もちろん、何かに憧れる気持ちを
否定するつもりは全然なくて、
それは素晴らしいこと。
 

だから本当に憧れや夢を叶えたいと思ったら、
メリットだけでなくデメリットがあることも受け止める覚悟で
飛び込むのがいいんじゃないかな、と思うんです。


 

ベッキーの言葉、いかがですか?
 

海外移住したいって思ったとき
夢や憧れにワクワクする時間はとても楽しいですよね。
 
同時に、裏側やデメリットも
しっかり調べておくからこそ
より現実化に近づくんじゃないでしょうか?
 

「事前に下調べせず安易にニュージーランドに渡って、
永住権のチャンスを逃してしまう日本人が本当に多いんですよ」
 
こう教えてくれたのは
ニュージーランドの移住事情に詳しい山下さん。
 
じつは、彼自身は
ニュージーランドの永住権は一生取れない身なんだとか・・・
 
 
海外移住に失敗しないためには、事前調査、大事ですよね!
↓ ↓ ↓
>>わが家の場合、どんな条件なら海外移住できますか?
 
こちらのママは
子連れ海外移住の体験をマニュアルにしてます。
↓ ↓ ↓
>>子連れで海外移住したママの体験談

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク


この記事に関連する記事一覧

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんて
ムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

当ブログ限定プレゼントも
要チェック☆

>>感想はこちら
自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から、
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィール

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ