【感想】レジデンス式ニュージーランド移住ノウハウBOOK

目安時間:約 17分

LINEで送る
Pocket

家族で海外移住,無謀

放射能に汚染された土地に住み続けて大丈夫?」

「子どもが大きくなる頃、日本はどうなっちゃうんだろう?」

 

放射能・地震・年金・消費税増税・政治の混乱…

あまりに不安な今の日本。

 

日本を脱出しようと思って海外に移住できないか調べてはみたけど・・・

 

英語もろくに話せないのに、海外で暮らせるわけないか」

「そもそも、どうやって海外で仕事見つけるわけ?」

「やっぱり子連れで海外に移住するなんて、無謀だよね」

 

「そもそも庶民にはムリか・・・」

ため息が出ちゃうくらい海外移住ってハードル高いんですね。

 

でも、普通の家族でも移住できる国があるとしたら?

nz2

それが、移民の国ニュージーランドでした。

 

ニュージーランドなら誰でもカンタンに海外移住できるの?

 

「海外移住なんて、特別なスキルを持った人やお金持ちじゃなきゃムリ!」

ネットで検索するごとにガッカリ落ち込んでいたのですが・・・

 

「え?もしかして、うちでも行けるんじゃない…?!」

 

驚いたことに、ニュージーランドは移民で成り立っている国なので、日本の普通のサラリーマンでも移住できることがわかったんです。

 

しかも、南半球の国だから、原発や大気汚染もなければミサイルも飛んでこない。

 

そりゃ、さすがに

「簡単・楽ちんにファミリーで海外移住~♪」

というわけにはいかないでしょう

 

でも「これなら、なんとかなるレベルじゃない?」と思える道があるのなら・・・?

 

私たちは、ごく普通の日本人家族で、夫の仕事も一般的な職業です。

 

ところが…

「うちの夫なら、NZで仕事見つけられるかもしれない!」

 

NZの永住権が取れるポイント(条件)を満たしていることがわかったのです。

 

ニュージーランドの永住権が取れるメリットって?

 

永住権が取れるメリットとは「労働ビザのように何回も更新する必要がない」ということ。

 

労働ビザだと1年に1度ビザを更新しなきゃいけないのですが、このとき雇用主の協力が必須なのです。

 

でも、どこにでもいるんですよね?

意地悪な人って…

 

こちらの立場の低いことを悪用して

「ビザ更新できなかったらオマエ帰国だよな?」

と雇用主に脅されることもあるんだとか・・・

(※労働ビザ→奴隷ビザ、とも言うそうです)

 

でも、永住権を取得できれば、雇用主に怯えることはありません!

 

好きな時に自由に、日本とNZを行ったり来たりできます。

安心してニュージーランドに一生暮らせるんです。

 

もしあなたが独身やシニアなら、ロングステイという方法でも海外移住の目的は達成できるでしょう。

 

でも、あなたにお子さんがいるなら、ビザが切れたからといって、そのたびに学校休ませて日本に帰国するわけにはいきませんよね?

 

「子連れで海外移住したい…」

 

family

 

大切な家族と一緒にずっと海外に暮らすつもりなら

永住権が取れる国というのは

何より重要なポイントではないでしょうか?

 

「でも、そもそも私も夫も英語なんて話せないし…」

 

・・・このように、家族で海外移住を考え始めるといくつも心配ごとが出てきますよね?

 

そんな海外移住の疑問や不安を1つずつ解消してくれたのが

『ニュージーランド移住ノウハウBOOK』

という、ある1冊の本だったのです。

 

『ニュージーランド移住ノウハウBOOK』とは?

 

これは、ニュージーランドに移住したい人のためのマニュアル本です。

 

どんな職業の人なら移住できて、どんなポイントを満たせば永住権が取得できるのか、95ページに渡りわかりやすく丁寧に書かれています。

本屋さんには売っていなくてインターネットでのみ販売されています。

 

「地球の歩き方とか、ああいう本とは何が違うの?」

一般書店で売ってる海外旅行や海外移住の本・雑誌は、気候や住居など現地生活スタイルの情報がメインですよね?

 

でも「ニュージーランド移住ノウハウBOOK」には、

日本の普通のサラリーマンが

NZに移住するためのノウハウ

が詰めこまれているんです。

 

特に私の参考になったのは、

『英語が話せなくても永住権を取得できる『からくり』とは…』

「なるほど~!」と思わずニヤリしてしまう内容でした。

 

NZ移住ノウハウBOOKの個別サポート

 

「ニュージーランド移住ノウハウBOOK」は

移住で知りたかったこと以上の裏ワザが詰まっているので読むだけでも十分満足できたのですが・・・

 

なにより驚いたのは、

このマニュアルはただの読み物じゃなくて

マニュアル作成者である山下象二郎さんの

個別サポートがついている点でした!

 

読むだけじゃなくて

自分たち家族の状況や悩み事、わからないことを

スカイプ(インターネットの無料電話)で直接、筆者に相談できるんです。

 

「個別サポートなんて言っても、テキトーな返事したり手抜きだったりするんじゃないの?」

 

いえ、それが意外と(?)丁寧なご対応をいただきまして。

私たちも子どもが寝静まった夜に夫婦でご相談したのですが、メルマガのちょっとフザけた印象とは違って(ゴメンナサイ!)個別サポートではいたって真面目に受け応えしてくださいました。

 

どんな感じで相談・質問できるの?

 

例えば、夫の職業(技術職)については、こんな感じで細かく質問・相談したのですが…

「この免許はNZでも通用しそうですか?」

「NZで資格を取り直すには書面でOKですか?専門学校に通う必要はありますか?」

「日本とNZでは●●が違うと思うんですが、実情はどうですか?」

 

細かく尋ねると、即答できない内容は調べてから回答してくれるのです。誠実です。

 

さらに

「●●の職種より、◎◎で攻めてもイケますね!」

 

日本には存在しない職種について教えてもらったり…!

 

ニュージーランドの就職事情をリアルで知り尽くしてる山下さんならではのアドバイスは、本当に貴重です。

 

日記を読めば満足ですか?

 

海外移住した人の日記ブログを読むのも、親近感がわきますし参考にはなるでしょう。

 

でも独り身ならともかく、家族で海外移住を考えているのに一般人のアドバイスがどこまで信頼できるでしょうか…?

 

ニュージーランドのワークビザを取得するのは素人では歯が立たない

NZ移民局の情報は複雑極まりなく、素人には歯が立たない、混乱する事項がいくらでもある、ということです。

 

↑こちらのコメントは、実際に山下さんの教材を購入後ワークビザを取得された方の率直な感想です。

 

もしあなたが、大切な家族のために本気で移住を検討しているのなら、NZ移住の専門家にズバリ本当のところを直接聞いてみたほうが、ずっと役に立つのではないですか?

 

マニュアルを購入すると個別相談サポートが1回無料でついてきます。

スカイプ(インターネットの無料電話)を使って山下さんと60分間直接お話ができるので、相談料1回分と考えてもずいぶん良心的です。

 

マニュアルを読んで気になったこと、わからなかったこと、不安に感じたことは必ずメモを取ってくださいね?

そして、仕事のスキル・学歴・語学力の不安や、家族や仕事の現状など、山下さんに直接ぶつけてみてください。

 

あなたの家族にとって大きな1歩が、必ず見つかるはずです!

 

>>【個別サポート付】ニュージーランド移住ノウハウBOOK

 

このマニュアルを読んだら、本当にニュージーランドに移住できるの?

 

いいえ。当たり前ですが読んだだけではムリです。

 

ニュージーランドに移住するには、まずニュージーランドで就職先を見つけ内定をもらい労働ビザを取得する必要があります。その後、永住権取得に向けて手続きを進めるんですね?

 

・・・と、その前に「海外移住なんてとんでもない!」と思っているあなたのご両親を説得しなきゃいけないかもしれませんね?

 

海外移住を計画する際は、山下さんいわく綿密なプランと下準備が必要です。

 

「たった1つミスしたばかりに、永住権がパー!!」

そんな悲劇を何回も目撃したそうです。

 

だからこそ、山下さんは個別サポートをつけているのでしょう。

 

ノウハウだけじゃない!移住の1歩が踏み出せるマニュアル

 

私たちはNZ移住ノウハウBOOKを読み、山下さんの個別サポートを受けることで、ニュージーランドに移住するためのハードルが見えるようになりました。

 

それまでは、ただただ、放射能が不安でたまらなくて

「日本を脱出するにはどうしたらいいの…」

「うちの子どもたちはどうなっちゃうの…」

と、うろたえていただけでした。

 

それが、山下さんのサポートを受けることで

「日本を脱出するために、何をすべきか?」

1から筋道を立てて考えるようになったのです。

 

やるべきことが、ハッキリしたのです。

 

ちなみに、ニュージーランドの永住権は毎年のようにコロコロ法律が変わります。

 

重大な変更がある場合は、山下さんからマニュアル購入者宛にメルマガでお知らせが届きますが、

ニュージーランドの移住要件は年々厳しくなっているので、あなたが海外移住を検討しているのならスピードアップすることをおすすめします。

 

NZ移住マニュアル本の詳細はコチラです

>>レジデンス式 ニュージーランド移住ノウハウBOOK

 

当ブログ限定プレゼントのお知らせ

 

当ブログを経由して「レジデンス式ニュージーランド移住ノウハウBOOK」をお求めいただいたあなた限定で、2つのプレゼントをご用意しました。

 

どちらかお好きな方をご選択ください

 


 

プレゼント1:「海外移住7つの質問 完全版」

7questions

 

ニュージーランド移住ノウハウBOOK作成者の山下象二郎さんに

海外移住や疑問や不安を、直接インタビューしました!

 

【海外移住7つの質問 完全版】

 

1.海外移住で失敗する人と、うまくいく人の違いを教えてください。

2.「放射能」が不安で移住を検討されている方がよくブログにいらっしゃいます。

原発事故後に海外へ移住する日本人は増えましたか?
「放射能」に対するNZ人の反応はどうですか?
日本人に対するイジメ等ありませんか?

3.NZへ移住した日本人家族が、現地の子育て教育についてどのような感想を持っているのか、
良い面・悪い面をお聞かせください。

4.NZに家族で移住する場合、引越し等にどれくらいの費用がかかりますか?
生活費はどの程度かかりますか?

また、夫婦で働くことはできますか?

5.NZへ移住の下見をかねて旅行する場合、ここだけは絶対にチェックしておいた方がいいポイントやサービスなど教えてください。

6.日本がTPPに加盟した場合、
NZへの移住や永住権についてはどのような影響があると予測されますか?

移住しやすくなったり、永住権が取りやすくなるでしょうか?
または、その逆でしょうか?

7.NZで永住権取得を目指したいけれど
手に職がない&英語も話せない」人にオススメできる、ある仕事が教材で紹介されていました。

・・・山下さん、他にも海外移住の裏ワザ、ありませんか?

 

以上、7つの不安・疑問についてフルバージョン45分間の音声対談をお聞きいただけます。

あなたがNZ移住で感じる不安・疑問を解消でき前向きに行動できるようになる音声対談です。

 


 

プレゼント2:「ニュージーランド留学体験記」

 


NZの介護学校へ留学された方の体験談です

 

  • NZ移住者同士のコミュニケーションのコツ
  • 多民族国家ならではの会話テーマの選び方
  • NZの人種差別の実体は?(地域性は?度合いは?)
  • ニュージーランド移民局を使いこなすワザ
  • 留学先の実情は?(ビザ申請・授業や実習の様子・生徒や先生はどう?)
  • 留学先で必要な英語力はどの程度?
  • 卒業後の就職や永住権を取得するまでの道のりは?
  • 海外移住に反対している家族への説得のコツ
  • NZお役立ち情報サイトの紹介(仕事探し・金融・保険・医療etc・・・)

 

山下さんの『NZ移住ノウハウBOOK』は、NZでの仕事探し・永住権情報がメインです。

 

プレゼントの『NZ留学体験記』は、NZ留学生が実際に生活する中で体感された最新のリアル現地情報が詰め込まれています。現地で暮らすイメージがわかりますよ!

 


 

「海外移住7つの質問完全版」「ニュージーランド留学体験記」は当ブログ限定のプレゼントです。

「レジデンス式ニュージーランド移住ノウハウBOOK」を、公式サイトや、その他HPを経由してお申込みされた場合にはお渡しできませんのでご了承ください。

 

(※お申込み手続き画面で ↓ の表示が出ていることをご確認ください)

infotop_tokuten_iju

※どちらかお好きなプレゼントを選んでください

 

当ブログ限定プレゼント付き

「ニュージーランド移住ノウハウBOOK」詳細はこちら

 

【追伸】

「ニュージーランドへ移住するかどうかなんて、まだ妄想レベルで…」というパパ・ママも

「特典3 受験勉強カリカリしなくても子供を有名大学へ行かせる方法」は読んでおいて損はないです。

NZ永住権とは関係なく子供をお受験漬けで可哀想な思いをさせずに済む方法がわかります。

 

NZ永住権は、何も自分が取らなくてもいいんですね…

LINEで送る
Pocket


海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんてムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

>>感想はこちら

当ブログ限定プレゼントも要チェック

自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィールはこちら

資格・手に職が無いなら…
海外移住,ママ,資格
「語学力に自信がない」
「夫1人の収入では不安」
「でも私には資格・経験がない…」

>>今は何もないあなたでも1年で望む暮らしを叶える方法

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ