ハオヤンさんの5月14日マレーシア不動産投資WEBセミナー前半編

目安時間:約 14分

LINEで送る
Pocket

5月14日にUstreamで

マレーシア不動産投資WEBセミナーが開催されました。https://momself.com
1_20130514_malaysia_Webseminar

 

海外移住の選択肢を増やす上で

とても参考になるセミナーでしたよ。

 

どんなセミナーだったのか、夜の部(20:00~23:00)の内容をご紹介します。

 

2013年5月14日(火)「マレーシア不動産投資WEBセミナー」

 

株式会社FortuneLife(フォーチュンライフ)當間智さん(ハオヤンさん)

株式会社Catch the Web代表取締役:横山直広さん

 

セミナーの内容は、ハオヤンさんの解説が中心です。

横山さんの発言は、「横山/」と表記させていただきました。

(横山さんは9月にマレーシア移住予定だそうです)

 

生放送中にメモ書きしたものを書き起こしたため、

一部、不正確な部分もあるかもしれませんがご容赦ください。

 

なお、セミナー内容の書き起こしをブログに掲載することについては

セミナー内で両者の許可を得ております。

 

ハオヤンさんの自己紹介

 

haoyansan

 

ハオヤンさんの不動産投資歴は?

 

日本の大家としてスタート。

5年前からマレーシア不動産投資を始めた。

 

マレーシア不動産投資の方法について

知り合いや大家仲間にやり方を教える内に、

ビジネスとして展開するようになった。

 

現在は、年の半分をマレーシア、半分を日本で暮らす生活。

 

 

ハオヤンさんのご家族は?

 

妻は、華僑(香港人)。

4ヶ国語を話せる(英語、日本語、中国語、広東語)ことと

華僑のネットワークを活かし、

ディベロッパーや業者とやり取りできるのが強み。

 

海外投資の難しさは?

 

どんな分野もそうですが、

初めてのことは、たくさん学び、調べること。

 

だまさない業者を選ぶことが大事。

(どの業者も自分の扱っている物件を紹介したい)

 

業者の話を鵜呑みにしてはいけない。

 

他の業者の話を聞き比べたり、

ネットで調べるなど、自分でも調べることが大事。

 

横山/日本で聞いた話と現地で実際に見聞きするものは違うと実感。

日本にいると曲がった情報が伝わっていることも。

 

不動産投資先としてマレーシアを選んだ経緯は?

 

大学生の頃から不動産投資に興味があった。

 

東村山の小さなマンションを

祖父→父が相続したが、父は不動産に興味がなかった。

 

自分は「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでいたので

不動産投資に興味を持ち関わりはじめた。

 

学生時代から海外不動産に興味を持っていたため

中国の不動産も見に行ったりしていたが、

非常な変化を遂げるのを目の当たりにした。

 

中国の不動産投資は、チャンスを取り逃がした。

 

2008年の終わりごろ、大学の教授から

「マレーシアもおもしろいことが起きている」と聞き、

3泊4日の短期旅行でみたマレーシアが

過去の中国の状況にオーバーラップした。

 

その旅行中にマレーシアの物件を購入し、現在につながっている。

 

海外不動産投資では、何に注目しているか?

 

その国の計画方針

 

「何に力を注ごうとしているのか?」

 

マレーシアは2020年に向けて先進国入りしようとしている。

国家プロジェクト:「ジョホール・イスカンダル計画」

 

マレーシアを他の国と比べると?

 

マレーシアのいいところは?

 

  • バランスがいい
  • 途上国の中堅国の国
  • いい意味で仕組みが整っている(イギリスの法体系など)

 

「ミドルリスク・ミドルリターン」

国自体が安定的な成長に入っているため。

 

フィリピンのほうが貧しく将来的な伸びしろはあるが、

政治的な不安・テロ・治安というリスクも存在する。

 

マレーシアは安定的に伸びていくと考えている。

日本人のリタイア後の移住先として6年間連続1位。

 

マレーシアは途上国という感じではない。

 

物価は日本の3分の1程度

Wi-Fi(無線LANでインターネットに接続すること)も使える

親日国

 

投資としてだけではなく

その国自体を楽しむことができるバランスの良い国。

 

横山さん/自分がマレーシアに住むからだけではなく、

品川駅の看板に「マレーシアに2人で旅行」とか

5月5日「新報道2001」でマレーシア特集が組まれたり、

日本→マレーシアへの熱さを感じている。

 

海外不動産投資について寄せられた意見

 

今じゃなくてもいいのでは?

これからもずっと日本で暮らしていくから
外貨を稼がなくてもいいのでは?

 

確かに、投資先としては

国内不動産、株やFXなど色んな選択肢がある。

 

「アベノミクス」で世の中のお金の量が倍になると、

銀行などうまく回って行く所では恩恵を受けられるが

一般の方はどうでしょう?

 

万が一、アベノミクスがうまく行かなかった場合、

お金が増え円安になった状況で、コケたら・・・?

 

前例がなく、何が起こるかは専門家にもわからない。

 

円安(円が弱く)になると、

日本で売られているものの価格が高くなってしまう。

 

アベノミクスが成功して

収入が上がり、日本の景気が良くなっていれば良いのですが・・・?

 

日本円と一蓮托生してもよいのか?

 

「リスクヘッジで海外に資産を持ってみては?」

「円高のうちに海外投資をしておいてはどうでしょう?」

というご提案です。

 

 

クライアント(お客様)はどのような考えを持っていますか?

 

今はまだ、ドル円は100円程度。

数年前だったら110~120円で推移したことを考えると

早めに動けるのであれば、早めにチャレンジしたい。

 

海外に口座を持つことも視野に入れている。

 

国内だけで投資をしていると、

10年20年先を見た時にわからない。

 

国際的な分散が重要だと考えている。

 

マレーシアはどんな国?

 

2_maraysia_donnakuni

 

国教:イスラム教

(宗教の自由は認められている)

 

人口:2800万人(年約2%の増加)

資源:資源が豊富にある(石油、パームオイル、水など)

資源が豊かなため、税金面でも優遇されている。

 

旧イギリス領:法律の整備、融資に厳格なルール

外国人にとってハードルが低い国。

 

30年前に、マレーシアを文化・経済など様々な分野で

2020年までに先進国並にするという目標が立てられている。

 

これまでの20年で計画はほぼ達成している。

 

GDP成長率:平均5.5%以上

 

マレーシアの人件費は安くないが、

ジェトロの賃金のレポートによると

現在、中国の人件費が上がっているので大差がない。

 

マレーシアの地域にはどんな特徴がある?

 

  • クアラルンプール(マレーシアの首都)
  • ペナン島
  • マラッカ
  • ジョホール

 

一般的に、マレーシアの不動産投資というと

クアラルンプールやペナンを指すが

「すでに高騰しているのでは?」という声も聞かれる。

 

日本で言えば、東京・大阪・札幌・・・など

地域によってマーケットが違うため一概には言えないが、

クアラルンプールやペナンは

2,3年くらい前から加熱していると考えられている。

 

横山/クアラルンプールに住む予定だけど・・・

 

「クアラルンプールはバブルではないのか?」

 

けっこう微妙なところ。

実態がどれだけ伴っているのかが大事。

 

クアラルンプールは、きれいで先進国の都市になっているため

億の不動産も存在するが、

価格(将来性)を先取りして価格が上がっている感じ。

 

マレーシア国民の所得は追いついていない。

 

他の地域やマレーシア全体が伸びていけばいいが、

この状況のまま不動産価格が上がった場合はおかしい。

 

イスカンダールマレーシアとは?

 

3_Iskandar

 

「イスカンダールマレーシア」とは、

マレーシア半島の先っぽの開発区エリアのこと。

 

東京都より広いくらいの面積。

 

「イスカンダル計画」として、

マレーシア政府が重点的に開発しているエリアの総称。

 

5つのゾーン(A~E)に分けて開発されている。

 

イスカンダルマレーシアの特徴

 

4_Iskandar_tokuchou

 

  • 国と州政府による巨大プロジェクト
  • マレーシア初の経済特区
  • 相対的に安価な不動産価格
  • シンガポールと連携した地域開発

 

1965年にマレーシアからシンガポールが独立し

以降、シンガポールとマレーシアはライバル同士の関係できたが、

ここ10年シンガポールは先進国として確立した反面、

マレーシアは中堅国から抜け出せていない。

 

「シンガポールや周辺の地域と一緒に発展させていこう!」

「イスカンダルを東南アジアの都市圏にもっていこうよ!」

という狙いがある。

 

9つの重点分野

  1. 農産品・食料品加工
  2. 金融・コンサルティング
  3. 石油化学・油脂化学
  4. 教育
  5. ヘルスケア
  6. 物流
  7. 電子・電気
  8. 観光・ツーリズム
  9. クリエイティブ産業

 

5つのフラグシップゾーンの特徴

 

5_5flagshipzones

 

Aゾーン:ジョホール・バル

古い都市であり交通混雑がひどいので

交通インフラの整備が重点事項。

 

Bゾーン:ヌサジャヤ

キーデベロップメント。

 

C&Dゾーン:タンジュンペレパス港パシグダン港など

港湾や工場があり、多くの船舶が行き来するエリア。

 

Eゾーン:ケライジャヤ

セナイ国際空港、IT産業等

 

ジョホール州の「ジョホール・バル」と言うと、

正確にはAエリアを示す。

 

ハオヤンさんが現在、

マレーシアの不動産投資先として1番注目しているのが、

Bゾーンのヌサジャヤだそうです。

 

なぜ、ハオヤンさんは

マレーシアの不動産投資先として

ヌサジャヤに注目しているのか?

 

長くなってしまったので、続きは後半編に書きますね。

LINEで送る
Pocket


この記事に関連する記事一覧

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんてムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

>>感想はこちら

当ブログ限定プレゼントも要チェック

自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィールはこちら

資格・手に職が無いなら…
海外移住,ママ,資格
「語学力に自信がない」
「夫1人の収入では不安」
「でも私には資格・経験がない…」

>>今は何もないあなたでも1年で望む暮らしを叶える方法

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ