【内定ゲット】美容師で海外移住を目指すパパの動画インタビュー

目安時間:約 14分

LINEで送る
Pocket

ニュージーランドで美容師として
就職の内定をもらった男性の動画インタビューが
ニュージーランド移住ブックの山下さんから届きました。

美容師さんのNZ移住

この方も5才と2才のお子さんの
パパさんなんですね。

現在はYouTubeの動画が見られないようですが
インタビューの内容を書き起こしました。


【NZ内定ゲットインタビュー】山下象二郎さん×ガーデンさん

ガーデンさんの現状

・美容師
・九州在住
・奥さん、子ども2人

ニュージーランドでの就職活動はいかがでしたか?

―山下さん:
今日はオークランドの中心にある
オークランド・ドメインという公園に来ています。

先週から就職活動されている
ミスター・ガーデンさんに来て頂きました。
インタビューをさせていただきたいと思います。

ニュージーランドに来て9日間の滞在で、
あるオークランドのサロンから内定をもらいまして。

良かったですね。

―ガーデンさん:
ありがとうございます。

―山下さん:
どんなサロンかお聞かせいただけますか?

―ガーデンさん:
ヘリテージホテル、
ちょっと高めのホテルだと思うんですが、
そこの1Fにある美容室に決まりました。

オーナーさんがキウイ(ニュージーランド人)の方で
すごく心の温かい方で、よかったです。

―山下さん:
けっこう条件面も多少考慮してくれそうで
ビザの件もスムーズに話が進みましたので。

今回ビザコンサルタントに手続依頼しますが、
基本的には、雇用主とビザコンサルタント
との方でやってくれますので。

ガーデンさんが日本に帰られて、
引き継ぎとかあると思いますが。

引き継ぎもちょっと大変そうですね。

―ガーデンさん:
そうですね。
お客さんが寂しがるというか困るというか。

―山下さん:
就職活動についてお尋ねしたいんですが。
こちらで活動されてどうでしたか?

―ガーデンさん:
思ったよりスムーズというか、
すごく難航するかと思っていたんですが、
やっぱり技術職というのもあって、
言葉は通じなかったんですけど、
技術で少し分かり合えたかなと思いました。

―山下さん:
1件、カットモデルさんを連れてカットして。

今度お世話になるところは、
オーナーさんもかなり喜んでましたね。

―ガーデンさん:
良かったです。
緊張しましたけど(笑)

―山下さん:
どうでした?
やっぱりアジア人と白人の髪って違うんですか?

―ガーデンさん:
うーん。それは全然違いますけどね。
まぁでも、基本は一緒というか、
いつもやっているように切ったつもりではいますけれど。

―山下さん:
僕は全く素人ですけど、
ちょうど隣にお店の女の子がカットしてて
ブローもずっとかけてたので・・・

ああいうのはちょっと古いやり方?

―ガーデンさん:
ですかね。

まあ、こっちではスタンダードなのかもしれないんですけど、
日本では今はあんまりない、
人によると思うんですけどね。
僕はあまり好きな形ではないですかね。

―山下さん:
オーナーさん、
終わった後のヘアがすごく良くなってて
喜んでいただいて。

―ガーデンさん:
よかったです。

英語でのコミュニケーションはどうでしたか?

―山下さん:
英語の方は、私が思ったより理解されていて。

―ガーデンさん:
上がっちゃってなかなかしゃべれなかったですけど。

こっち来るまでには頑張りたいと思います。
もっと上達できるように。

―山下さん:
思ったよりコミュニケーションとれました?

―ガーデンさん:
そうですね。

割りと他のサロンでも話せましたし、
半日、1~2時間ぐらいサロン周り(?)もしましたけれど、
話せて、そんな気まずくならなかったので。

こちらの方が、受け入れがいい気がしましたね。

しゃべれないからっていうはなく、
聴こうとしてくれるので。

―山下さん:
ははは(笑)

―ガーデンさん:
1回、行き詰まって
「ああ、もういい、ごめんなさい」
って言ったら、

「いやいや。もう1回言って。
わかるまでちゃんと伝えて」

って言ってくれたんで、それが嬉しかったです。

―山下さん:
そこで無言になったらダメなんですけど、
話そうとされてたので。

―ガーデンさん:
やっぱり移民の多い国なんで
慣れてらっしゃるのかなと思いました。

―山下さん:
最初オーナーさんに会ったとき、
バーって話して早いなと思ったんですけど、
2回目に会ったときはゆっくり。

3ヶ月もすればお互いにスタッフと
コミュニケーションとれると思います。

こちらのスタイリストさんの技術は
日本と比べてどう思われました?

―ガーデンさん:
第一印象は、遅いかなとは思いましたけど、
詳しくは見てないのでハッキリはわからないですけど。

多分、カラーが主流で
カットはそこそこなのかなという印象は受けました。

ニュージーランドに移住を考えたきっかけは?

―山下さん:
これから日本に帰られたら
こちらに来る準備を2ヶ月の間にしてもらうと。

奥さんは楽しみにしてるんですか?

今、5才と2才のお子さんが。
こちらに来られたい理由が奥さん。

―ガーデンさん:
シュタイナー教育を日本より安く受けさせられるというのと、
環境がすごくいいので。

それが1番です。

―山下さん:
ニュージーランドは初めてだったんですよね。

―ガーデンさん:
やっぱいいですよねぇ。
今は夏ですけど、気候が全然暑くない。

―山下さん:
冬もちょっと寒いくらい。体がラクですよね。

―ガーデンさん:
そうですね。

―山下さん:
ニュージーランドに来ようと思ったのは
教育がメイン。

―ガーデンさん:
そうですね。

―山下さん:
ガーデンさんは九州にお住まいなんですけど、
放射能のこととか・・・

―ガーデンさん:
そうですね。それもあって
九州とはいえ食べ物が
気になるなというのがあったんで。

もし万が一、
子どもの健康がどうかなったときに
お金じゃ買えないものかなと。

自分の店があるんですけどね・・・
そこはお金では買えないことなんで。

それもあって、こちらに移住を決断したんですけれどね。

ニュージーランド移住をしたい・・・周囲の反応は?

―山下さん:
周りの反応は?
ニュージーランドに行きたいと言ったときに。

―ガーデンさん:
親戚・家族ですか?

何言ってんだ?で、最初は始まりましたけど。

状況を説明して
どうしてもやりたい、っていうので・・・。

まだきっと親は、
できればいかないでほしいという
気持ちはあると思うんですけど、
多分、時間が解決するかとは思うんですけどね。

ニュージーランドで暮らす不安はありますか?

―山下さん:
労働ビザはこれからですけども、
1年くらい働いて、
それからコンサルタントの事務所に行って。

1年以上働いて、永住権ですね。
永住権が取得できれば、また日本に帰ってくる。

―ガーデンさん:
できるかなぁと思って。
とりあえず永住権を取るのを目標に
まずは頑張りたいですね。

―山下さん:
住むところとかは何か考えているんですか?

―ガーデンさん:
シュタイナーの学校がオークランドには2校あるので
どっちに行くか決めて、学校の近くに住みたいです。

―山下さん:
ちなみに、ガーデンさんは、
ニュージーランドには
知り合いとかはいないんですか?

―ガーデンさん:
全くいないです。でも大丈夫そうですね。

すごく人が優しいし、
色々海外も行きましたけど
そことは違う気がしますね。

―山下さん:
生活が、ちょっと物価が高い

―ガーデンさん:
でも考えようだと思うんで
僕はあまり気にならないですけどね。

―山下さん:
ガーデンさんは副業とかできないんですけど、
奥さんはどこでも働けるビザですから。
ご自宅で働くこともできますし。

―ガーデンさん:
まぁ、様子見てですね。

―山下さん:
ご両親、奥さんのご両親も
ニュージーランドに住まわれる
ご興味はあったりしますか?

―ガーデンさん:
うーん?(笑)多分ないでしょうけどね。

今後の状況によってだと思うんですけど。
そう望めば、永住権を取ればそれ(両親を呼ぶこと)も可能
だと思うんで、そうしてもいいかなとは思ってますけど。

―山下さん:
けっこうみなさん、
日本人の方、ほとんどの方が
気に入られてますからね。

―ガーデンさん:
ですね。誰に聞いても「いいところだ」
って言うんで、間違いはないでしょう。

ニュージーランドの転職事情

―山下さん:
今回決まったところの他に
もう1件来て欲しいというところがあったんですけど、
産休をとられるスタッフさんがいるので
実はすぐに来て欲しいと。

まぁ、2週間後とか。
それはちょっとムリだということで。

―ガーデンさん:
すごく良い方だったんですけどね。

―山下さん:
なんかこう、私が横から見てたら
ほしいというのが伝わってきて。

―ガーデンさん:
うれしかったですけどね。

タイミングがちょっと合わなかったので。
これも運命かなと。

引き伸ばせても1ヶ月かなと。

―山下さん:
こっちの人たちは2週間という通知で。
例えば、2週間後に辞めますとか普通ですので。

そういった感覚だと、
どうしても日本で働いていれば
引き継ぎとかありますので。

ちょっとびっくりしましたけどね。

―ガーデンさん:
それがなければいいかなとは思ったんですけどね。
もう1つのオファーがあったので。
僕はコレでよしと。
タイミングでそういうことが起きたのかなと。

―山下さん:
今度行かれるところは、
色々サロンを回った中で
1番しっかりというとアレなんですけど、
安心できそうな、ホテルに入っているので。

―ガーデンさん:
色んな面で安心できると思いますね。

―山下さん:
これから1年以上働いていただいて、
コンサルタントが言ってましたけど
1年後に永住権にチャレンジして。

ぜひ頑張って、なんとしても。

―ガーデンさん:
そうですね。

―山下さん:
今日は、オークランドのサロンで、
今、内定という形ですけど、
明日明後日くらいに雇用主とビザコンサルタントと
ビザの申請について打ち合わせしてもらって
粛々とこれから進んでいくと。

―ガーデンさん:
そうですね。

―山下さん:
無事に行けばいいですね。

―ガーデンさん:
はい。頑張ります。

―山下さん:
今日はありがとうございました。

―ガーデンさん:
ありがとうございました。
またお願いします。

―山下さん:
今度は永住権が取れた後ですね。

―ガーデンさん:
そうですね。よろしくお願いします。

(動画インタビューここまで)


いかがでしたか?

以前ご紹介した
NZで内定をもらった家具職人さん
お子さん2人のお父さんでしたけれど、
なんかこう、アッサリ決まるものなんですね・・・

ガーデンさんもおっしゃってましたが、
ニュージーランドは移民の国なので、
外国人を雇うなんてありふれたことなんでしょうね。

それにしても、
英語力が乏しくても2件もオファーをもらえるなんて
やっぱり手に職を持っている職人さんは
海外で生きていくには心強いですね!

今回NZで就職のサポートをされた
山下さんの移住ノウハウはコチラで読めます。
↓ ↓ ↓

ニュージーランド移住ノウハウ

LINEで送る
Pocket


この記事に関連する記事一覧

海外移住キホンの書
NZ移住本を読んだ感想

「普通の家族で海外移住なんてムリだよね…」

英語が話せなくても海外で暮らせる裏ワザ本を読んでみました。

>>感想はこちら

当ブログ限定プレゼントも要チェック

自己紹介
mama

たむママです。

静岡県在住、
家族5人暮らしです。

東日本大震災の直後から
普通の家族でも海外に移住する方法はないのか探してきました。

子連れで海外移住をしたいママの参考になればうれしいです。

>>詳しいプロフィールはこちら

資格・手に職が無いなら…
海外移住,ママ,資格
「語学力に自信がない」
「夫1人の収入では不安」
「でも私には資格・経験がない…」

>>今は何もないあなたでも1年で望む暮らしを叶える方法

よく読まれている記事は?
ブログ内検索
カテゴリー
海外移住インタビュー

ニュージーランドマスター.COMの代表、山下象二郎さんに、海外移住の不安や疑問についてインタビューしました!15分のダイジェスト版です

ページの先頭へ